海外で利用するために

完全にドメスティックで人生を歩んできたわたしですが、このたび、海外ではじめて仕事をすることになりました。といっても1週間弱の出張になるのですが、ここで問題になったのがクレジットカードです。3枚持っているクレジットカード会社が何と、宿泊先で事前予約する際に使えないことが発覚したのです。昔から、家内に海外でりようする可能性を踏まえて、クレジットカード会社をえらんでといわれていたのですが自分には関係ないもとして無視してきていました。しかし、その付けがこんなところで出てくるとは思いもしませんでした。今、家内のクレジットカード会社の家族カードを至急契約して出張にも似合うように手続き中です。備えあれば憂いなしです。

リボ払いと分割払いの違い

クレジットカードを持っている人なら誰でも一度は目にしたことや聞いたことがあるのではないでしょうか。「リボ払い」。どういったものなのか。正しくは「リボルビング払い」ですが、分割払いとの違いを皆さんご存知ですか?分割払いはご想像通り、仕組みが簡単です。例えばお買い物金額三万円を支払うのはキツい…というときに分割払い(回数を選べるものもあります)で例えば三回なら、三ヶ月にわたって一万円ずつを支払います。一方、リボ払いというのはあらかじめ月にいくら払うか決めておき、それを超えた分は自動的に翌月、翌々月に延期されるイメージです。ですので、リボ払いは支払いがいつまで続くのか把握しづらいという注意点があります。それともう一点、延期された金額には利子がつくことに気を付けなければなりません。

クレジットカードで初!10万円越え決済をしたのは入院費

ほとんどの買い物をクレジットカードで済ませている私ですが、実はあまり大きな買い物をしたことはありません。カードを生活費決済用にしている人なら、ほとんどがそうなんでしょうか。普段の買い物なんてせいぜい数千円、たまに洋服や家具などの大きなものを買っても数万円ですよね。そんな私が、おそらくはじめて10万円を超える金額をカードで決済したのが入院費用です。退院後に保険金が入ってくるまではあまり大きな金額を動かしたくないし、カード払いにすればぽいんとがもらえて得なんじゃ!そう考えたのです。今はほとんどの病院が(特に総合病院)カード払いに対応しているんですね。私の同室に入院していた人も「今は○○カードがポイントキャンペーン中だからリボにする」といってカード決済していました。みんな似たようなことを考えるんですね。

クレジットカードの国際ブランド選びの賢い考え方

 もしもクレジットカードの利用が海外中心になりそうなら、それを考慮して国際ブランドを決めなければいけないです。国際ブランドとして最も無難でメジャーなのはVISAであり、このVISAなら世界中どこでも使いやすくて安心です。日本国内での利用が中心になるというのなら、別にVISAブランドだけにこだわらなくても良いのかもしれません。ですが、そうではなくて海外利用のことを考えているのなら、まずVISAが第一候補です。 そして、さらに海外でのステータスを重視するなら、アメックスやダイナースもブランド価値があります。今は国際化社会でクレジットカードを使う機会は日本国内のみとは限りませんので、どこの国で使うのかも考慮しながら国際ブランドを決めるのが賢い考え方です。

クレジットカードはポイントも溜まって魅力的

私は不器用なのでレジで財布からお金を出す時にかなり手間取ってしまったり、小銭を取り出すのが煩わしくてお札を出してしまい、お釣りで財布がかなり嵩んでしまう性格です。しかし、クレジットカードなら小銭を扱ったりお釣りをもらったりせず、カードを店員さんに差し出すだけですぐに支払いが完了します。最近は多くのスーパーやデパートがサインレスでクレカを使える時代になっています。私がいつも行くスーパーでもクレジットカードがあればサイン不要ですぐに支払いが完了し、とても有り難いです。また、クレジットカードを使って感じる一番の利点は、ポイントを沢山溜められるお得さです。普段からの買い物や携帯料金や毎月の通信費や固定費はなるべくクレジットカードで払っているので、かなりポイントが溜まります。現金で支払いをしても何も還元を得られないですが、クレジットカードを使えばポイントも沢山溜まりますし、利用明細が家計簿の代わりにもなるので便利です。

不要なクレジットカードの解約

本日クレジットカードの断捨離を強行しました。年会費無料を始めとした様々な特典につられてつい作ってしまったものの、実際普段使いしていないクレジットカード達を思い切って解約したのです。私が今回切り捨てたものは、年会費実質無料という何だかはっきりとしないジャンルのカードです。入会時は無料でも以降有料になるもの、年会費は無料でも解約が有料なもの、年間○円以上利用すると年会費無料になるもの、1年に1度利用すれば年会費無料になるものの4種類を断捨離しました。様々な条件の元に保持しておく理由は意外とないものです。これで「今月は何かカードで買わなくちゃ」という強迫観念とさよならすることが出来ます。お財布もかなりシェイプされて清々しいです。

すべてこのカードにしています。

私はよく、ZOZOTOWNで買い物をしていました。品揃えもたくさんありますし、田舎にはないショップの商品もたくさん揃ったいるからです。するとある時、そのZOZOTOWNから、クレジットカードが発行されていることに気がつきました。詳細を見てみると、年会費永年無料!ZOZOTOWNでのお買い物の際は、ポイントが2倍も付くとのことでした。それではと思い、早速、ネットで申し込みをしました。このカードは学生、主婦の方でも簡単に入れるところが魅力の1つです。そして、何より、カードのデザインにも惹かれました!なんと、様々なブランドとのコラボです!また、貯めたポイントはZOZOTOWNでのお買い物で使えるので、ポイントを貯めては、最新の洋服をタダで購入できます!それが1番の魅力なので、固定の支払いもすべてこのカードを介して行っている今日この頃です(笑)

クレジットカードの使い方

私は、クレジットカードはVISAカードを利用しています。年会費は1000円掛かります。主な利用方法には、通信回線やその他の買物の引き落としがメインです。普段からクレジットカードを利用する事は余り無く、買物は殆どが現金払いです。ですので、ポイントも貯まりませんし、明細書に同封されている買物やサービスの案内書も使う機会はありません。クレジットカードは、立川のルミネ店で作りました。たまに立川に行くのですが、ルミネの駐車料金は1時間500円です。このクレジットカードを提示すると、1時間分の駐車料金がサービスされます。一度駐車すると、数時間は車の移動はしないので、このクレジットカードは主に駐車場のサービスに利用しています。

ドコモユーザーなら迷わずdカードゴールド

ゴールドカードを作ろうと思ったときに障害となるのは年会費ですよね。年会費分を取り返せるのかを使う前に計算するのは難しいところ。しかし、ドコモユーザーであれば、一年で得をするポイントを計算できるdカードゴールドがオススメ。dカードゴールドは年会費が1万円かかるのですが、毎月のドコモ料金の支払いによるポイント還元率が10倍になるというもの。月の携帯料金が1万円とすると、毎月1000ポイントを獲得することが出来ます。つまり携帯料金でのポイント還元で年間1万2000ポイント獲得できることになるのて、年会費を払っても得することかあかりますよね。家族の携帯もまとめて契約してるなんて言う人はdカードゴールドを作らないと大きな損をしてしまいますよ。

クレジットカードでポイントを地道に稼ぐ

クレジットカードを持ったからには、少しでもポイントをつけたいのです。やっぱりお得感をたくさん味わいたいものですから。ですから、たとえコンビニで100円の買い物であってもクレジットカード払いをしています。とは言え、最初こそは抵抗感がありましたよ。だって、財布に札が入っているのにも関わらず、出さないなんてなんだか申し訳ないという気持ちになりましたので。それにクレジットカード払いではなく現金払いの方が、お店側としては手数料を引かれなくてありがたいとも聞いたことがありますので…。しかしその辺の事情はさておいておいて、やっぱり少しでもポイント欲しいですからね。ですから100円であってもクレジットカード払いをしたいのです。そして地道に貯めていっていますので。