クレジットカード利用に注意を払っているところ

クレジットカードを利用すると、ポイントがたまっていきます。そのポイントが貯めることで、現金や商品などに換金することができ、その時は得したような気分になります。確かにクレジットカードはポイントがたまるという点では、ショッピングとして有効な手段と言えます。しかし、注意する点もいくつかあります。一番注意するべきところは、必要以上にショッピングするところだと感じています。クレジットカードはその場で支払う必要がなく、後で口座から引き落とされます。そのため、お金を使っているという実感がないのです。1ヵ月あたりどのくらい使っているのか、明細書には目を配るようにしています。

自宅でネットショッピングなら

自宅で良くネットショッピングをしています。ふだんお買い物に行く時間が美味しいと思うし、ネットショッピングはクレイジットカードさえあれば支払いも預金口座引き去りで出来ます。それに海外旅行へ行く時にツアー参加でしたが、代金の殆どはカード一枚で出来ました。ほんとに今は海外旅行へ行くのも現金のやり取りが少なくて便利です。自分で現金を持ち歩く必要がなく、しかも自分の好きな時間にお買い物を楽しむことができます。一度お買い物をしてクレジットカードを使うと、再度同じショップを利用するときにも、面倒な入力作業をしなくても済むというのも、有り難いです。良く現金買いに慣れている人は、カードでのお買い物は引き去りの期日がお買い物をしてから翌月とか翌々月とかになるから、忘れてしまうといいます。でも、預金口座にお金を都合の良い時に入れておけばよいだけのことです。いまやクレジットカード無しの生活って考えられないです。

クレジットカードを使ってポイントを貯める

クレジットカードは一枚あると便利ですね。現金を持ち合わせてないときの支払いや、あまり使わないようにと思いますがキャッシングができたりします。節約生活の中でもカードは結構役に立ちます、カード使用によるポイントもバカにはできません。家の光熱費や電話などの支払い、食料品や日用雑貨など必ず出て行く出費の分をカードで支払うとちりも積もればで気がつけば結構溜まっているものです。そのたまったポイントでちょっと贅沢をすれば節約もメリハリがついて楽しいものです。ただし使った分をきちんと管理しないと支払いのときに大変なことになるので、今いくら使ったのかは絶対に把握するようにしています。

クレジットカードの使いどきで悩む

普段の食料品の買い物などでもクレジットカードを利用し、現金をほとんど、もしくはまったく使わずに生活しているという人を聞くんですが、私にはどうもその生活に行きつけない抵抗というか、違和感みたいなものがあります。子供の時から現金を支払うという行為を繰り返してきてしまったせいだと思いますが、現金で払えるものはどうしても現金で払ってしまい、数万円とかそれ以上の買い物にならないとクレジットカードが登場しません。もっと総額が少ないものでも少しずつクレジットカードを利用していけばお釣りのことを考えずに済むとか、現金を意識して持ち歩かなくても済むのはわかっているんですが、どうもまだ慣れていきません。

キャラクターに惹かれてクレジットカードを申請

私の好きなキャラクターがプリントされているクレジットカードが期間限定で発行されていたので衝動的に申請しましたが、思ったよりも支払いに使うことが多くて今ではかなり重宝しています。かなり絵柄が気に入っているけれどゆるキャラなので人前ではなかなか出しづらく、主にネット上のショッピングやオークションなどのサービスで決済に使用していますが、カード払いの方が簡単に手続きが完了することもあって欲しいものはすぐに買うようになりました。使った金額を把握していればこれほど便利で安心して買い物できる方法もないですし、計画的にクレジットカードを使ってこれからもネットショッピングを楽しみたいです。

落としたときのことを考えるとクレジットカード

「生活のほとんどをクレジットカード払いしている」と、言いますと、友達からは「え!?でもクレジットカードって落としたとき怖くない?」と、聞かれるのですが、けれども実際にクレジットカード生活をしている者からすれば、そんなことはないのです。それに、クレジットカードは基本的には本人しか使えませんからね。それに、クレジットカードの場合ですと、「あ!ない!」と気がついた時点ですぐにクレジットカード会社に電話をすれば、使用停止処理をおこなってくれますから。けれども、もしも財布を落とした場合でしたら、現金はすぐに使われてしまうでしょうね。なぜなら、クレジットカード明細のように、利用した際に足跡がつくようなものではありませんので、泥棒も使いやすかったりするのです。ですから私は安全面においても、やっぱりクレジットカードですね。

苦しいときにクレジットカードを利用しました。

会社に勤めておりましたが、退社することになり、その後収入が途絶え新しい職場もままならなかったときにクレジットカードを利用したことがありました。そのときはちゃんと計画性を立てていましたが、一向に仕事が見つからなかったのが誤算でした。ともかく仕事を見つけて収入があれば何も問題ないことですから、一度アルバイトでもいいから収入を得て、そしてその収入をほとんどクレジットカードの返済にあててました。とにかく厳しい時期でもありましたが、何とか返済ができたことを考えると返済さえしていればクレジットカードも使いようだなと思いました。

クレジットカードの還元率

多くのクレジットカードはポイント制を導入しているのでそれらの還元を楽しみにしている人も多いと思います。私もポイントはおまけという感じですが貯まってくると交換できる商品を見たりしてどれにしようか選んでいます。どこのカードのポイントが貯まりやすいとか、お得かとかはこの還元率を比較することできます。ただ、還元率のいいクレジットカード以外はあまり還元率を大々的に宣伝していないので自分で調べる必要があります。還元率がよくても年会費が高かったり、ポイントのつき方がつきにくかったりするので自分の使い方などをよく検討する必要があります。

クレジットカードはお得

今は、買い物をしたときに、現金で支払うよりもクレジットカードでの支払いをする方が圧倒的にお得であるとされています。例えば、クレジットカードについてくるポイントなどを貯めるだけで、指定のサイトで買い物が出来たりなどと言った、お得なことが出来たりもします。また、ポイントをためていくことによって、消費税分を還元することもできますので、消費税増税で物価が上がっている今はお得ですね。また、クレジットカードには海外旅行保険などが付帯されていることも多いです。こうした海外旅行保険が付帯されていると、旅行の際にあらたに保険に加入する必要もないのでお得ですね。

クレジットカードを退会するとどうなるか?

クレジットカードの退会についてお話します。年会費無料の場合は、終活でなければ退会するケースは少ないと思いますが、年会費が掛かるケースは、そのカードを使用しなくなったら、退会すると思います。退会すると、クレジットカード会社に登録しにくくなると言われています。つまり、審査に通りにくくなります。各クレジットカード会社で情報を共有しているそうであり、退会申請の事も解かるようです。本当は、未払いや滞納等を防ぐために情報共有しているのでしょうが、退会もクレジットカード会社にとって嫌がられるのは、間違いありません。